2012年03月05日

コンテンツの重要性と考え方



このブログに たどり着いた皆さま
先ずはこちらの「まえおき」からどうぞ。


ここからは、「楽天アフィリエイター」初心者向けです。
「楽丸」の取扱法をできる限り詳しく解説して行きます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メインページの作成に進む前にSEO的に重要な記事コンテンツを準備しましょう。

ご存知の通り「楽丸」は誰が作っても、一通りの設定さえすれば簡単に、それなりに見た目の良いサイトが作れます。

前回にも説明しました様に、「人」の目線で見た目が良くても「クローラー」から見た目はどうなのか考える必要があります。

昨今の「クローラー」は大変進化していて、ツールで大量に作られた類似サイトや発リンクばかりでコンテンツの貧弱なアフィリサイトは、まず上位表示の可能性はありません。

ナチュラルで質の良いコンテンツ、つまり訪問者にとって「役に立つ」サイトであるかどうかを厳しく判読しています。

何年か前までは、キーワードだけいじったコピペ記事のペラサイトでも、量さえ出せば何らかの報酬にはなっていました。

私も、多くのペラサイトを放出し一時期の仇花は咲かせていた頃もありました。 今ではほとんどが宇宙の彼方にブッ飛ばされ、ご帰還の素振りもありません。

ただせっかく作ったサイトですから、そのドメイン(URL)のエイジングだけでも活用できるのでは・・・?
と言った気持ちで、「楽丸」サイトへの書き換えを進めています。

今からのネットアフィリエイトは、益々サイトの量も質も問われる大変過酷な世界になって行く事でしょう。

多くの初心者アフィリエーター達の挫折は、ここにあります。

逆に言えば、安易な小手先だけのSEOを施したゴミサイト(殆どがアフィリサイト)との競合がなくなり、少しずつでも、質の良い「役に立つ」サイトさえ作り込んで行けば、クローラーの評価は恒久的に高まって安定した上位表示を保つ事ができると言う事です。

つまり「楽丸」も「楽天アフィリ用ツーツ」に過ぎず、簡単だからと言って単純に量産するだけでは「稼ぎ」にはならないでしょう。

前置きが長くなりましたが、要するに「人」と「クローラー」に魅力を感じさせるサイト作りをして行かねばなりません・・・と言うことです。

「楽丸」で作られたサイトのHTML構成は、大変優れたものだと思います。

SEO的にも十分に考慮され何の過不足もありませんが、唯一記事コンテンツが無いところに問題があると言えます。

そこで、記事コンテンツの作成が必要になります。

先ず「楽丸」活用マニュアルはよく読み一通り理解しておいて下さい。

最低限、メインページ(TOPページ)には、オリジナルな記事コンテンツを書き込みましょう。

できれば、各カテゴリーページにも記事を挿入して行きましょう。

決して他サイトの記事をコピペせず、参考にはしてもオリジナルなものに書き直して下さい。

文字数は最低でも300文字、出来れば5〜600文字は欲しいところです。

さらに、暫時コンテンツを追加しサイトの更新が必要です。

さあ、これは大変な事になりました。こんな事、まともにやっていたんではいくら時間があっても足りないし、稼ぎに到達する前に投げ出してしまいそうです。

ここからは、私流のコンテンツ記事作成法です。

「楽天市場」には無数のレビューコメントが投稿されています。

先ず、作るサイトの主旨は「レビューランキング」です。

レビューコメントを記事として紹介しても何の不自然もありません。

レビューコメントを、大幅にリライトして、と言うよりその内容を自分流に解釈しなおして、自分の文章に作り直してしまいましょう。

白紙から記事を考えるのは大変ですが、この方法なら5〜600文字の文章は簡単に作れますし、適度に関連キーワードを散りばめる事も出来ます。

次回からは、この作業を具体的に進めて行きましょう。

楽天アフィリエイト「楽丸」のご紹介

次へ進みます

前のページへ戻る



dankainet at 18:04コメント(0)「楽丸」料理法  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
頂いたコメント
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ がんばるオヤジへ
にほんブログ村
ブログランキング
ブログ王ランキング
情報量が豊富である
  • ライブドアブログ